前へ
次へ

営業求人で転職をする時に意識したいポイント

営業求人の中から転職先を選ぶ場合は、その会社がどんな仕事をして欲しいのかを各自で確認する事が大切です。
求人情報には色々な情報が載っていますが、給料や休日について等の説明が多く書かれている傾向です。
営業職でも営業する時に担当する商材が有形商材なのか無形商材なのかで大きな違いがありますし、対象顧客も法人営業なのか個人営業なのかで大きな違いがあります。
有形商材であれば商品を手に取って説明する事ができますが、無形商材の場合は投資商品や保険等の商品を営業する必要があるので、知識がより必要になります。
法人営業であれば、企業を相手に営業活動をする必要がありますから、話し方や知識の量が豊富に必要ですが、個人営業であれば一般の消費者を相手に営業をする事ができるので、企業を相手にするよりは若干難易度が下がります。
新規顧客を確保する為に営業をする場合は、取引実績が無いお客さんを相手にする事になるので、話術等も必要です。
営業求人の中には色々なスタイルの営業職の募集が行われていますから、転職をする前にじっくりと内容を確認した方が安心できます。

Page Top